猫の病気について

ねこちゃんがかかりやすい病気

ねこちゃんがかかりやすい病気を知り、普段からよく観察し変わった様子がみられたら診察を受けましょう。

泌尿器・生殖器の病気

ねこちゃんがかかりやすいのが腎臓の病気です。
腎不全は年齢と共に発生率が高くなります。
嘔吐、食欲不振、多飲多尿などの症状がみられた時にはすでに腎臓機能の70%が失われています。

早期発見し治療を始めることが大切ですので定期健診を受けましょう。

・腎不全
・尿石症
・猫の下部尿路疾患

感染症

ねこちゃんには猫特有のウイルス感染症があります。
いわゆる猫エイズや猫白血病と呼ばれる感染症などですが、感染している猫の血液や唾液からから感染します。現在有効な治療法がないことや、ワクチンで予防出来ないものもあることから、ねこちゃんを飼う場合は完全に室内での飼育をお薦めしています。

・猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)
・猫白血病ウイルス感染症
・猫伝染病腹膜炎

寄生虫症

寄生虫から引き起こされる感染症や病気です。
感染源となる動物などに接触しないことが予防となります。
駆虫薬を使用したり、塗り薬で予防することも可能です。定期的に検査し、予防をしてあげてください。

・回虫症
・爪実条虫症
・マンソン烈頭条虫症
・コクシジウム症
・ノミ感染症
・マダニ感染症
・疥癬

その他

ノミが一匹寄生しただけでひどいアレルギー症状が出ます。
ひどいかゆみや湿疹、毛が抜けるなどの症状が出ますが、お薬で治療、予防ができます。

・ノミアレルギー

猫の病気でご不明点がある方は大津の当院へご来院下さい。

メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
LINEはじめました
LINEはじめました
信頼できる医療機関を探せる Medical DOC
信頼できる医療機関を探せる Medical DOC
bnr-tel.jpg